絶対に諦めたくない人へ~彼氏との復縁テクを教えちゃいます

HOME » 復縁Lesson3:破局パターン別アドバイス » 「ちょっとしたコトで喧嘩してしまった」

「ちょっとしたコトで喧嘩してしまった」

ささいなことで喧嘩してしまう…「ささいな口喧嘩の末、彼氏と連絡が取れなくなってしまった」という場合の復縁方法です。

こうしたケースは、「こんなくだらないことでモメるなんて相性が悪い」「こんな相性では今後一緒に居るのは無理」と思ってしまいがちですが、実は違います。ささいなことで喧嘩できるのは、相性が良い証拠なのです。

世の中には、“ささいな不満”も言えずに我慢してしまうカップルがたくさんいます。どちらか一方が不満をためているようであれば、それはいつか必ず爆発します。その前に、ちょくちょく不満をぶつけられる間柄というのは、案外良いことなのです。

彼を受け入れる余裕を持つことで元サヤに

お互いに相手の意見を聞き入れる余裕がなかったのが別れた原因だと言えますから、まずは素直に謝ることが大切。

謝る時は、「自分の言い分が間違っていた」のではなく、「相手の意見を聞き入れる余裕がなかった」ことを相手に伝えるのが効果的。「私は、あなたの意見を尊重しますよ」という意思表示があるだけで、相手は意外と簡単に心を開いてくれるものなのです。

二度と同じことを繰り返さないことが大切

ささいなことで喧嘩してしまうカップルは、復縁後も似たような事が原因で喧嘩をしてしまうことがあります。その度に、いちいちもめるのはお互い疲れるだけ。喧嘩の原因が明確なのであれば、「二度と同じことをするのはやめようね」と、お互い約束することが大切です。

その繰り返しにより、お互いの絆が深まり、愛を深めることができるのです。交際している年月が長くなりマンネリ化してしまうと、相手の気持ちを考えずについつい傷つけるような発言をしてしまったり、見下してしまったりという失言をしてしまいがち。

ただし相手も人間です。つき合い始めた頃の気持ちに戻るのは難しいですが、相手の立場に立って物事を考えるということは決して忘れてはいけません。

 
忘れられない彼氏とよりを戻す!ホンキの復縁講座